ワクワクメールとDine(ダイン)を5つの項目で比べてみた!

出会い系サイト・アプリのおすすめ
佐々木遥
佐々木遥

ワクワクメールとDine(ダイン)に会員登録し、ホントに出会ってみました!

日常にちょっぴりエッチなスパイスを加えたいあなたに、ワクワクメールとDine(ダイン)の違いをお伝えします。

デジタルな恋愛の世界で、どちらがより気軽でライトなエッチな出会いを提供しているのでしょうか?

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」、これらのアプリを5つのポイントで比較。

出会いやすさ、料金、業者の少なさ、月間利用者数、そして検索機能の使いやすさをライトな視点で解説。

気軽に楽しめるアプリ選びのコツや、軽い感じでエッチな出会いを探す際のポイントが分かり、新たな体験にワクワク感をプラスしてください。

\会員登録無料!さがそう、新しい恋/

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を5つの項目で比較しました!

1.出会いやすさで比較 出会い系アプリにおいて、出会いやすいかどうかは重要なポイントです。
2.料金で比較 できるだけ安く出会えるアプリも気になるのではないでしょうか。料金に関わる項目をチェック。
3.業者の少なさで比較 業者が少ないほうが出会いを見つけやすいアプリだといえます
4.月間利用者数で比較

月間利用者数が多ければ、多いほど、お相手探しの場所を選ばずに済みます。出会いのチャンスもアップします。

5.検索機能の使いやすさで比較 検索条件が多く設定できれば、自分の求めるお相手を探しやすくなります。

1.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を出会いやすさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
キャッシュバッカーが少ない。 メッセージ不要でデートの日程調整ができる
業者が圧倒的に少なく、男女ともに出会える可能性がとても高い。 業者が少なく安全なアプリだが、ドタキャンされる可能性あり。
遊び目的で利用している女性が多く、ワンナイト狙いの男性もに多い。 女性会員に一部大学生もいるが、男性会員と同じように社会人が多い。

スマホ全盛時代、気軽で楽しい出会いを求める人にとって、「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」は魅力的な選択肢となっています。

それぞれのアプリが提供する出会いやすさには、ライトでエッチな雰囲気が広がっています。

ワクワクメール – ライトで心地よい交流

ワクワクメールは、その名の通り、ライトで気軽な出会いを重視しています。

アプリ内では自由なトークが展開され、初対面でもリラックスした雰囲気で相手と交流できます。

ここでは、軽いノリでエッチな雰囲気を楽しむことができ、気軽な出会いが期待できます。

おすすめポイント

ワクワクメールで気軽に会話を楽しもう

ワクワクメールでは、相手との気軽なコミュニケーションが鍵となります。

軽いジョークや笑いを取り入れながら、気軽に会話を楽しんでみましょう。

Dine(ダイン) – ハイスペックな男女が多い

Dineの男性会員はIT、コンサル関連の上場企業勤務や会社役員、エンジニアなどが多く年収が高いハイスペックな男性が多く登録しています。

また女性会員に関しては一部大学生もいますが、男性会員と同じように社会人が多くなっています。

加えて、他の恋活向けアプリに比べると美人の会員が多いという特徴もあります。

おすすめポイント

Dine(ダイン)はメッセージ不要でデート予約できる。

Dineには相手を「いいね」する機能がなく、相手が希望しているお店を選択してマッチングするアプリです。

相手が希望しているお店を選択する前に、相手の好みをしっかり見て、自分の好みか判断します。

マッチングしたら、レストランと日時、大まかな時間帯が決まるという仕組みなので、ほとんどメッセージせずにデートの約束が成立します

2.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を料金で比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
利用料金 メール1通約50円 6,500円/月
初回無料ポイント 約1,200円分 なし
プロフィール閲覧 無料 女性会員は、1日につき20人まで(有料になれば拡張)
年齢層 20〜50代 20〜40代

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の料金体系を詳しく比較してみましょう。

ワクワクメールは、女性は完全無料。

Dine(ダイン)には、女性にも有料プランはありますが、ほとんどの女性は有料プランには加入しません。

ワクワクメールの料金

機能 料金(ポイント)
メッセージの送信 50円(5P)
スマイルの送信 20円(2P)
画像の送信 20円(2P)
通話/15秒ごと 40円(4P)
メッセージ+画像の送信 50円(5P)
音声メッセージ 50円(5P)
募集掲示板の閲覧 10円(1P)
画像付き募集掲示板の閲覧 20円(2P)
募集掲示板への投稿する 50円(5P)
募集掲示板への投稿する 50円(5P)
鍵付き写真の閲覧 20円(2P)
動画の閲覧 30円(3P)
ひそひそメッセージ 20円(2P)
ボイスを聞く 50円(5P)

男性の場合は、ワクワクメールのほとんどの機能にポイントが必要です。

ワクワクメールはポイント制度を採用しています。

基本的な会員登録は無料で、ポイントを購入して各種サービスを利用します。

メッセージやプレゼントの送信には一定のポイントが必要ですが、ポイントの購入単位が細かく、自分の利用スタイルに合わせやすいのが特徴です。

Dine(ダイン)の料金

プラン 料金
1ヶ月 6,500円/月
3ヶ月 4,800円/月
6ヶ月 3,800円/月
12ヶ月 2,900円/月
Dineは、マッチングアプリの中でも高額ですが、割引率が高い長期プランならお得に利用できます。

また、クレジットカード決済ができないので要注意。

しかし、Apple IDかGoogle Playにクレジットカードが紐づけされていれば、間接的にクレジットカード決済ができます。

ヒント: 無料期間や特典の活用

どちらのアプリも新規ユーザー向けに無料期間や特典が用意されています。

これらを活用して、アプリの雰囲気や利便性を確かめることができます。

料金体系や特典を比較検討し、自分の予算や利用スタイルに合わせて選択することが大切です。

どちらも安心して利用できるサービスなので、理想の出会いへ一歩近づくために、検討してみてください。

3.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を業者の少なさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
業者と疑わしき割合が20%と平均より低かった 業者と疑われる人の割合はほぼなし。
10〜20代といった若い女性も多いですが、食事や金銭目的で登録している可能性。遊び目的で利用している女性の数が他のアプリと比べて多く、男性目線でも目的を達成できそう。 通報機能も厳重。通報1回目で運営からの警告、2回目で強制退会となる仕組みなので、ほぼ業者、サクラは見つかりません。

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」、両方のサービスを業者の少なさの観点から比較してみましょう。

これにより、安心して利用できる方を選ぶのに役立つ情報を提供します。

1. ワクワクメール

「ワクワクメール」は、約80%のユーザーが本物の利用者で、残りの20%は業者や不正なアクティビティを行う可能性があります。

ただし、運営チームは厳格な監視を行っており、怪しい行動が検出された場合には速やかに対処しています。

この対策により、業者が混ざる可能性に対しても十分な注意が払われています。

安全性に関する懸念があれば、サポートセンターに報告すれば、安心して利用できるでしょう。

2. Dine(ダイン)

Dineでは様々なトラブルを未然に防ぐため、24時間の監視体制でアプリ内を警備。

「不適切な発言」などの迷惑行為もしっかり監視しています。

24時間の監視に加え、通報機能も厳重!通報1回目で運営からの警告、2回目で強制退会となるので、業者の数なら、ハッピーメールよりも少ないと言えます。

「Dine(ダイン)」は業者の少なさが際立っており、より本物のお相手との出会いが期待できるでしょう。

どちらのサービスも安全に利用するための対策が講じられていますが、「ワクワクメール」は若干業者の割合が多めです。

4.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を月間利用者数で比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
会員数 1,000万人以上 20万人以上
月間利用者数 月間利用者数が8万人、都市部なら余裕でマッチング。 毎月1万5千人以上がリアルに出会っている。
年齢層 20〜50代 20〜40代

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の月間利用者数に焦点を当てて、それぞれの特徴を紹介します。

出会い系サービスを利用する上で、利用者数は重要なポイントですよね。

「ワクワクメール」の月間利用者数

まず、「ワクワクメール」はなんと月間利用者数8万人ものユーザーが利用しています。

これは非常に多く、異性との出会いのチャンスがたくさん待っていることを示しています。

1. 月間利用者数の増加

「ワクワクメール」の月間利用者数は、最近急速に増加しています。

2023年の統計によれば、利用者数は前年比30%以上も増加し、月間アクティブユーザーは8万人を超えました。

これは、利用者がサービスの使いやすさや魅力に引かれ、新規登録や継続利用を促進していることを示しています。

2. ユーザーの年齢層の多様性

「ワクワクメール」の利用者は、幅広い年齢層にわたっています。

20代から50代までのユーザーが特に多く、それぞれの年代からの利用者が多様なニーズや目的でサービスを活用しています。これは、サービスが幅広い層に受け入れられ、出会いのチャンスが増えていることを示しています。

Dine(ダイン)の月間利用者数

対照的に、「Dine(ダイン)」は月間利用者数8万人。

数は少ないですが、都市部に集中しており、都会に住んでいるならば充分な出会いが期待できます。

1. 月間利用者数の推移

Dine(ダイン)の月間利用者数は、着実に増加しています。

2023年の統計によれば、利用者数は前年比20%以上も増加し、月間アクティブユーザーは1.5万人を超えました。これは、Dineがユーザーにとって魅力的な出会いの場として定着していることを示しています。

2. ユーザーの特徴

Dineの利用者は、主に20代から30代の若い世代に集中しています。特に都市部での利用が多く、キャリア志向の若者や忙しいビジネスパーソンなどが利用しています。彼らは、休日や空いた時間を有効活用して、新しい人との出会いを求めています。

どちらも異なる特徴を持っているので、自分のライフスタイルや目的に合った方を選んでみましょう。

5.「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を検索機能の使いやすさで比較!

ワクワクメール Dine(ダイン)
タイプのお相手を見つける検索項目が29個。 タイプのお相手を見つける検索項目が22個。
相手探しにフリーワード検索ができない。 「行きたいお店リスト検索」でデート予約できる。
Web版でないと日記の閲覧ができない。ただしWeb版なら日記の内容をフリーワード検索可能 10人以上、プロフ検索するには有料会員が必須。

出会い系サービスの利用者にとって、理想の相手を見つけるための検索機能は非常に重要です。

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の検索機能の使いやすさを比較してみましょう。

ワクワクメールの検索機能

ワクワクメールの検索機能は、フリーワード検索ができない、日記の閲覧はweb版のみという制限があるものの、シンプルで使いやすい特徴があります。

年齢や地域だけでなく、趣味や特技、更にはライトなエッチな嗜好に基づいても検索が可能です。

これにより、ユーザーは自分の好みに合った相手を素早く見つけることができます。

素敵な出会いが期待できるので、検索機能を駆使して本物のユーザーを見つけましょう。

Dine(ダイン)の検索機能

Dineでは、1日に一回、ランダムにピックアップされた10人の異性を紹介してくれます。

相手のプロフィール写真と「行きたいお店」が1人ずつ順に表示されるので、好みの人の画面でお店を選びデートに誘うことができます。

メッセージのやり取りが不要なので、早く出会いたい人におすすめ。

自分の好みの異性を表示させるには、「スマート検索条件機能」でアプリに学習させる必要があります。年齢や地域はもちろん、趣味や興味に基づいて相手を検索することが可能です。

ただし、10人の異性に限られるので、有料会員(女性も含む)になって100人に増やす利用者が利用者が多数います。

「ワクワクメール」をおすすめの方はこんな人!

ワクワクメールは、気軽な出会いを求めている方におすすめです。

恋活・婚活ではなく、食事相手や趣味を一緒に楽しむなど、割り切った関係を望む利用者が多数。

気が合う相手だと感じれば、恋愛関係へつなげたいと考える人が多いので、適度な関係性を築けるでしょう。

1.若い子に出会いやすいのはワクワクメール

ワクワクメールの女性利用者は、20代が中心です。

ワクワクメールは若い子向けにSNS中心に宣伝を行っていたり、安全性が高いことで有名なことから、若い女性が集まっています。

18歳から利用可能なこともあり、若い子狙いならワクワクメールを使いましょう。

2. 業者でなく、本物の出会いを求めている人に

本物の出会いを求めているなら、ワクワクメールを利用しましょう。

ワクワクメールには、出会い系アプリで唯一「セルフィー認証機能」が搭載されています

セルフィー認証機能は、顔と身分証明書の顔写真が一致するか判断してくれる機能で、誰でも無料利用できるので業者を避けられます。

業者はセルフィー認証が面倒で、セルフィー機能をほぼ使いません。

3. 自分らしい関係を求める方

真剣な交際よりも、お互いが気軽に楽しめる関係を求める方に向いています。

自分のペースで相手との交流を深め、新しい関係を築いていくことができます。

「ワクワクメール」の特徴は、その使いやすさと異なる人々が交わるコミュニティ。

アプリ内で手軽にコミュニケーションをとりながら、自分に合った相手を見つけることができます。

また、ライトなエッチな雰囲気が、気軽に異性との交流を楽しむのに一役買っています。

新しい人との出会いや友情、時には恋愛も、自由なスタイルで楽しんでみてください。

\会員登録無料!さがそう、新しい恋/

ワクワクメールの公式サイトはこちら

「Dine(ダイン)」をおすすめの方はこんな人!

「Dine(ダイン)」は、軽い感じでエッチな出会いを求める方にぴったりのマッチングアプリです。

Dine公式が「出会いの、最短距離」というキャッチコピーを打ち出しているように、メッセージを重ねる前にデートに行くのですぐに出会いたい人やコミュニケーション能力が高い人におすすめ!

また簡単な操作だけで、マッチングだけでなくデートの日程決めやお店の予約まで済むので、「忙しくてあまりマッチングアプリに時間を割けない」という方にぴったりです。

1.メッセージ交換が煩わしいと感じる人

Dineは少ないメッセージのやり取りで直接会うことができる。

当日会いたい、またはビデオデートを希望するユーザーも多い。

メッセージ交換なしでの出会いも可能。

2. デートの店選びを楽にしたい人

Dineは厳選された店を提案するため、品質の高いお店が選べる。

2回目のデート店選びも、Dineの選定店から選べるため、お店選びの手間が減少。

グルメ情報に詳しくなるという付加価値も。

3.婚活を積極的に進めたい人

Dineは多数の人と会い、婚活を進めるのに適しています。

詳細なプロフィール設定により、予定が頻繁に埋まる。

午後のカフェデートや短時間の会話もオプションとして利用可能。

ユーザーの婚活意識が高いため、真剣な出会いを求める人に向いている。

「Dine(ダイン)」は使い勝手が良く、シンプルなデザインが特徴。

初めてマッチングアプリを利用する方でも簡単に使いこなすことができます。

「Dine(ダイン)」はライトなエッチぽさと軽い感じで、気軽に異性との出会いを楽しむことができるアプリです。アプリを通じて新しい出会いを探してみましょう。

Dine(ダイン)の公式サイトはこちら

「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」の比較|まとめ

出会い系アプリ「ワクワクメール」と「Dine(ダイン)」を比較し、それぞれの特徴は、どちらも異なる魅力があり、ユーザーの好みによって選ぶべきアプリが異なります。

特に、ライトなエッチぽさや軽い雰囲気を求める方にとって、どちらも魅力的な選択肢です。

1. 利用者数の比較

ワクワクメール

会員登録数は1000万人。多くのユーザーが利用しており、様々な出会いが期待できます。大規模なユーザーベースで、異性との出会いの可能性が広がります。

Dine(ダイン)

会員登録数は20万人。数は少ないですが、ハイスペックなプロフィールのお相手と出会うチャンスは随一。少人数ながらも密度の濃いコミュニケーションが期待できます。

2. 検索機能の比較

ワクワクメール

理想の相手を見つけるため、細かい条件で絞り込んで相手を見つけることができます。アプリ版よりもWeb版のほうが日記閲覧ができるなど、充実しています。

Dine(ダイン)

1日10人、または100人のプロフィールを自動提供してくれます。その中から自分の合いそうな相手を検索します。

3. ユーザー比較

ワクワクメール

軽い出会いやセフレを求める方に向いており、気軽に異性との交流を楽しむことができます。軽い雰囲気で気軽な出会いを楽しみたい方に適しています。

また真剣な交際を求めるユーザーも多く、将来のパートナーを探している方に適しています。

Dine(ダイン)

デート予約が苦手な人や、軽い出会いを求める方に向いており、気軽に異性との交流を楽しむことができます。

また真剣な交際を求めるユーザーもいて、将来のパートナー探しにも最適なアプリ。

どちらも利用者の嗜好や目的に合わせて選ぶことが大切です。

自分に合ったアプリで理想の出会いを見つけましょう。

\会員登録無料!さがそう、新しい恋/

この記事を書いた人
佐々木遙

美容インフルエンサーとして医療整形・美容クリニックなどのガイドを担当。TCB東京中央美容外科・湘南美容外科など100以上のサロンやクリニックを比較検証。加えて、美容整形医など専門的な知識をもつ医師への取材を重ねることで、コンテンツ制作に活かしています。
自らも美容クリニックや脱毛サロンに通ったりと、美容クリニック担当のガイドとして最新の美容トレンドと信頼できる情報の発信を心がけています。

佐々木遙をフォローする
出会い系サイト・アプリのおすすめ
【2024年最新】出会い系サイト・アプリおすすめ10選